高知放送事件(解雇権の濫用)

高知放送事件(最高裁昭和52年1月31日第二小法廷判決)
「寝過ごしによる2度の放送事故を起こした労働者に対する解雇について、悪意や故意によるものではなく、平素の勤務成績も別段悪くないこと等から、本件解雇を解雇権の濫用として無効とした原審の判断を認容した。」


[事案の概要]
Xは、放送事業を営むY会社のアナウンサーであったが、担当する午前6時から10分間のラジオニュースについて、2週間に2回の寝過ごしによる放送事故を起こした。第一事故は、Xが前日からA(ファックス担当者)と宿直勤務した後、午前6時20分まで仮眠してしまったためラジオニュースを全く放送できなかった。第二事故は、同様にB(同)と前日から宿直した後、寝過ごしのためラジオニュースを5分間放送できなかった。Xは、第二事故については当初上司に報告せず、後に事故報告書を求められ、事実と異なる報告書を提出した。そこで、Y会社はXを解雇した。Y会社の就業規則には、普通解雇事由として「一、精神または身体の傷害により業務に耐えられないとき。二、天変地異その他已むを得ない事由のため事業の継続が不可能となったとき。三、その他、前号に準ずる程度の已むをえない事由があるとき。」と定められており、Y会社は、Xの行為は就業規則所定の懲戒事由に該当するので、懲戒解雇とすべきところ、再就職など将来を考慮して普通解雇に処したとする。これに対し、Xは解雇権の濫用であるとして、Y会社の従業員としての地位確認の請求を行った。


[判決の要旨]
本件の事実に照らせば、Xの行為は就業規則所定の普通解雇事由に該当するものというべきである。しかしながら、普通解雇事由がある場合においても、使用者は常に解雇し得るものではなく、当該具体的な事情の下において、解雇に処することが著しく不合理であり、社会通念上相当なものとして是認することができないときには、当該解雇の意思表示は、解雇権の濫用として無効になるというべきである。Xの起こした2回の放送事故は定時放送を使命とするY会社の対外的信用を著しく失墜するものであり、Xが寝過ごしという同一態様に基づき、2週間内に2回も同様の事故を起こしたことはアナウンサーとしての責任感に欠け、更に第二事故直後においては率直に事故の非を認めなかった等の点を考慮すると、Xに非がないということはできない。しかしながら、(1)本件事故は、共にXの過失によって発生したもので、悪意又は故意によるものではなく、また、通常アナウンサーより先に起きてアナウンサーを起こすことになっているファックス担当者も寝過ごしておりXのみを責めるのは酷であること、(2)Xは第一事故については直ちに謝罪し、第二事故については起床後一刻も早くスタジオ入りすべく努力したこと、(3)寝過ごしによる放送時間の空白はさほど長時間とはいえないこと、(4)Y会社において早朝のニュース放送の万全を期すべき措置を講じていなかったこと、(5)事実と異なる報告書を提出したことも、短期間内に2度の放送事故を起こして気後れしていたこと等を考えると、これを強く責めることはできないこと、(6)Xはこれまで放送事故歴がなく、平素の勤務成績も別段悪くないこと、(7)第二事故のファックス担当者Bはけん責処分に処せられたに過ぎないこと、(8)Y会社においては従前放送事故を理由に解雇された事例はなかったこと、(9)第二事故についても結局は事故の非を認めて謝罪の意を表明していること、等の事情の下において、Xに対し解雇をもって臨むことは、いささか苛酷に過ぎ、合理性を欠くうらみなしとせず、必ずしも社会的に相当なものとして是認することはできないと考えられる余地がある。したがって、本件解雇の意思表示を解雇権の濫用として無効とした原審(高松高裁昭和48年12月19日判決)の判断は正当と認められる。