関西電力事件(労働者の人格権の尊重)

関西電力事件(最高裁平成7年9月5日第三小法廷判決)
「労働者のロッカーを無断で空けて私物を写真に撮影したりした等の行為は、労働者のプライバシーを侵害し、労働者の人格的利益を侵害するものであり、不法行為を構成するとされた。」


[事実の概要]
Xらは、電力会社であるY会社に勤務する者であって、いずれも労働組合員であり、かつ、共産党員ないしはその同調者であるが、Yは、Y会社の管理職自ら又は従業員に指示してXらを職場の内外で監視する態勢を継続し、尾行し、あるいは、外部からくる電話の相手方を調査確認するとか、ロッカーを無断開扉して個人所有の手帳を写真に撮影するなどし、また、従業員に働きかけてXらとの接触、交際を遮断し、職場における行事からもXらを排除するとか、週番から除外し、Xらの所属する旅行会や写真クラブを解散にもちこむなどしてXらを職場で孤立させようとした。そこで、Xらは、不法行為に基づく損害賠償を請求した。


[判決の要旨]
所論の点に関する原審の事実認定は、原判決挙示の証拠関係に照らして肯認するに足りるところ、これらを含む原審の適法に確定した事実関係によれば、Yは、Xらにおいて現実には企業秩序を破壊し混乱させるなどのおそれがあるとは認められないにもかかわらず、Xらが共産党員又はその同調者であることのみを理由とし、その職制等を通じて、職場の内外でXらを継続的に監視する態勢を採った上、Xらが極左分子であるとか、Yの経営方針に非協力的な者であるなどとその思想を非難して、Xらとの接触、交際をしないよう他の従業員に働き掛け、種々の方法を用いてXらを職場で孤立させるなどしたというのであり、更にその過程の中で、X1及びX2については、退社後同人らを尾行したりし、特にX2については、ロッカーを無断で開けて私物である「民青手帳」を写真に撮影したりしたというのである。そうであれば、これらの行為は、Xらの職場における自由な人間関係を形成する自由を不当に侵害するとともに、その名誉を毀損するものであり、また、X2らに対する行為はそのプライバシーを侵害するものでもあって、同人らの人格的利益を侵害するものというべく、これら一連の行為がYの会社としての方針に基づいて行われたというのであるから、それらは、それぞれYのXらに対する不法行為を構成するものといわざるを得ない。原審の判断は、これと同旨をいうものとして是認することができる。