三重セクシュアル・ハラスメント事件(職場環境配慮義務)

三重セクシュアル・ハラスメント事件(津地裁平成9年11月5日判決)
「使用者は労働者に対し、労働契約上の付随義務として信義則上職場環境配慮義務、すなわち労働者にとって働きやすい職場環境を保つように配慮すべき義務を負っているとされ、これを怠ったことにより男性上司のセクシュアル・ハラスメントを招いたとして使用者の債務不履行責任を認めた。」


[事実の概要]
X1、X2は、看護婦としてY厚生農業協同組合連合会の経営するA病院に勤務しており、Y1は、当時准看護士副主任として勤務する男性であって、X1らの上司にあたる。X1らは、原則として男女一組で行われる深夜勤の際に、休憩室において、Y1から大腿部を触られるなどのセクシュアル・ハラスメントを受けたとして、Y1に対し不法行為、Y連合会に対し使用者責任・債務不履行に基づき損害賠償を請求した。


[判決の要旨]
<Y1の不法行為責任について、Y1は、勤務中すれ違いざまにXらを触ることがあったこと、卑猥な言葉を言うことがあったこと、深夜勤をしていた際、休憩室において、休んでいたX1、X2の胸や大腿部を触ったことがあったことを認定した上で、>Y1の行為は、Xらに対し、いわゆる環境型セクシュアル・ハラスメントに当たり、不法行為に該当すると認められる。<Y1の不法行為とY連合会の使用者責任の成否について>Y1はY連合会の被用者であること、Y1の本件行為が業務中に行われたことは争いがない。X1らは、Y1の不法行為は業務に密接に関連して行われたものであると主張する。しかし、本件の深夜勤務中の行為は、業務中、休憩室において行われたものとはいえ、前記のとおりXらを起こしたり呼びかけるための行為とは認められず、Y1の個人的な行為であるから、業務を契機としてなされたものではなく業務との密接な関連性は認められない。また、Y1の日常勤務のひわいな言動は、やはりY1の個人的な行為と認められる上、右深夜勤務中の行為と相まって不法行為となるものであると考えられるので、右言動のみについてY連合会の使用者責任を認めることもできない。したがって、被用者であるY1の不法行為に基づいて、Y連合会の使用者責任を認めることはできない。<職場環境配慮義務違反とY連合会の責任の成否について>使用者は被用者に対し、労働契約上の付随義務として信義則上職場環境配慮義務、すなわち被用者にとって働きやすい職場環境を保つように配慮すべき義務を負っており、Y連合会もX1ら被用者に対し同様の義務を負うものと解される。<中略>Y1には従前から日常勤務中特にひわいな言動が認められたところ、Y連合会はY1に対し何も注意をしなかったこと、A主任は平成5年12月の時点でX2からY1との深夜勤をやりたくないと聞きながら、その理由を尋ねず、何ら対応策をとらなかったこと、平成6年1月28日A主任はX2からY1の休憩室での前記行為を聞いたにもかかわらず、直ちにB婦長らに伝えようとせず、Y1に注意することもしなかったこと、その結果同年2月1日深夜Y1のX1に対する休憩室での前記行為が行われたことが認められる。その上、一病棟の患者の性質上、深夜勤において男女一人ずつの組み合わせが必要なことはY連合会自身主張しているところである。さらに前記のとおり、深夜勤の勤務者は、巡視等の待機中、看護婦詰所内の狭い本件休憩室にいることが多く、しかも同室内で横になって休んだり仮眠する者が多いのが実情であった。そうすると、Y連合会は、平成6年2月1日以降Y1の行為について対応策をとったものの、それ以前には監督義務者らは何らの対応策をとらずにY1の行為をみのがして、同日早朝のY1のX1に対する行為を招いたと認められる。なお、Y連合会は、婦長・主任・副主任らの責任態勢を確立し、毎月定期の院内勉強会、職員の研修会等を行うなど、職員に処する指導監督を尽くした旨主張するが、右の次第で職場環境配慮義務を尽くしたとは認められない。したがって、Y連合会は原告らに対する職場環境配慮義務を怠ったものと認められ、その結果Y1の休憩室での前記行為を招いたといえるから、原告らに対し債務不履行責任を負う。